忍者ブログ
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」社長のブログです。
[383]  [382]  [381]  [380]  [379]  [378]  [377]  [376]  [375]  [374]  [373

本日は、「最短で目標を達成するPDCAノート」について話したいと思います。

ズボラで、三日坊主で、モチベーションが低くても「最短で夢や目標を達成する方法」です!

1冊のノートとPDCAのフレームを使う方法です。

ステップ1、目標設定

1年以内、3年以内、いつか「達成したい夢、目標」を思い付くままに書き出す。

目標(ゴール)が見えていないと始まらない
(偉大な人々は目標を持ち、そうでない人は願望を持つ)

目標設定する目的は、「今」のあなたの行動を変えるためにある

理想の未来を実現するには「今」何をするか、その選択を変化させ続けること

人生で大切なことは「変化し続けること」

本当の目標を設定することが必要、感情を無視した目標では動けない
(感情という行動のエンジンをコントロールすることが重要)

すぐに結果が出ないことだからこそ目標に値する、諦めの悪さこそが目標達成には必要。

ステップ2、目標実現のための計画を立てる 「PDCA]を回す

目標達成する仕組みが、目標達成「PDCAノート」というフレーム

目標を数値化する、進捗状況を測定出来ることが重要です。

目標達成の期限を設定する(いつまでにやるか)

目標、計画、実行、振り返りをビルドインした1冊のノート

具体的な計画に落とし込み、毎日のPDCAを回しながら、一週間単位で振り返る
ノートを作る。

ステップ3、毎日フレームに沿って行動し、振り返る

1.やりたいことリスト
2.やらないことリスト
3.ビジョンと目標
4.年間計画GPS
5.四半期3ヶ月計画GPS
6.デイリー目標達成PDCA(毎日の計画、実行、振り返り、改善案)
7.ウイークリーレビュー(1週間ごとの振り返り、軌道修正する)

計画を予定に変更する(いつやる、どこでやる、誰とやる、何を使う)

毎月、PDCAノートを新しく作る(新しいノートで新しい月を始める)

毎日、具体的な事実を毎日書き込む(ノートは常に開いた状態で置いておく)

事実を踏まえて、自分視点での気づきを書く

気づきから、次に計画するための「より良くする行動」を書き出す

今週の活動をまとめて振り返る、立てた計画と実際の行動とのギャップをチェックし、改善策を練る。

1秒でも早く始めることが成功への近道です。

完璧を目指すより、目の前のことを終わらせて記録に残す。

やることを増やさない。

出来なかったことを反省するだけでなく、出来たことを顧みて、前に進むための改善策を打ち出し、前向きなエネルギーに変換する。

最後に作家の中谷彰宏さんの言葉です。

「したい人 1000人 始める人 100人 続ける人 1人」

あなたは、1人になれるチャンスがあるのです、頑張りましょう!









拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
02 2019/03 04
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
プロフィール
HN:
杉浦眞悟
年齢:
62
性別:
男性
誕生日:
1957/02/03
職業:
社長
自己紹介:
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」の代表取締役社長
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.