忍者ブログ
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」社長のブログです。
[367]  [365]  [364]  [363]  [362]  [361]  [360]  [359]  [358]  [357]  [356

「消費者」という言葉に抵抗感を覚えます。

それは、お客様を「商品を費やして消す者」と捉えることへの違和感から来ています。
ですから、消費者の代わりに「生活者」と表現することを心がけています。

なぜなら、私たちが向き合っているのは「お客様」と呼ばれ、一人ひとりが個性を持つ「商品を活かして生きる者」なのですから。

こう考える人は多いようで「大辞林」第三版では、生活者をこう定義しています。

「人は単に消費するだけではなく、消費活動を通じて生活の豊かさや自己実現を追求しているという考えに基づき、消費者に代わり用いられる語」

お客様を生活者と捉えると、そこには私たちが自らの商いで喜んでもらいたいと願う相手の顔がはっきりと浮かびます。

「あの人に、この商品で笑顔になってもらいたい」と営む商いにこそ、私たちの喜びがありはずです。

そのために私たちは、商品を仕入れ、または作るのです。
そのために私たちは。店を構え、売り場を整えるのです。

何でも一通り揃えております。

しかし、ろくなものはございません。

こういう商売のどこにお客を引く魅力があるのだろうか。

AとBの二種類しかございません。

しかし、そのいずれもが確信のある品でございます。

こういう特色のある商売の仕方にお客は大きな魅力を感ずる。

お客様を「費やして消す者」と捉えたら、商品という「物」に当てられ自店の都合が優先します。

しかし、「活かして生きる者」と捉えたら「人」を見つめ、彼らの喜びを第一とするようになります。

「消費者と生活者の違いなど、たかが表現上のこと」と思ってはいけません。

私たちは言葉によって生きる存在なのですから。

以上の文章は、「商業界」の編集長である笹井清範さんが書かれた文章です。

非常に感銘を受けましたので書かせていただきました。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
プロフィール
HN:
杉浦眞悟
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1957/02/03
職業:
社長
自己紹介:
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」の代表取締役社長
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.