忍者ブログ
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」社長のブログです。
[362]  [361]  [360]  [359]  [358]  [357]  [356]  [355]  [354]  [353]  [352

本日は、賞与について話したいと思います。

賞与と言うよりは、ボーナスという方が一般的でしょうか。

一年間にだいたい2回出す企業が多いと思います。

時期は、夏(5月~7月)と冬(12月)だと思います。

査定期間は、6ヶ月です。

6ヶ月間の業績をもとに賞与の額を決めるのが一般的ですね。

我が社では、12月「冬期賞与」の査定は3月~8月の6ヶ月で、6月「夏季賞与」の査定は9月~2月の6ヶ月です。

最も大事なものは、「6ヶ月間の経常利益」だと思います。

みんなが一生懸命稼いだ利益の分配が「賞与」ボーナスです。

ですから、みんなでしっかりと稼いでおかないと、「賞与」ボーナスは期待できません。

では、分配方法はどうなっているのか?

まずは、6ヶ月間の会社の利益を計算して「賞与原資」を計算します。

そして、部署ごとに賞与を割り当てます。

一生懸命頑張って利益を残した部署には多く、利益を残せなかった部署には少なくなってしまします。

例えば我が社では、直営事業部、FC事業部、仕入れ部、管理部、ペルシャ絨毯部

ネット販売課、家具再生工場の7つの部署があります。

しかし、売上や利益を出せる部署は、直営事業部、FC事業部、ペルシャ絨毯部、ネット販売課、家具再生工場の5つです。

仕入れ部、管理部は売上を計上することができません。

ですから、賞与原資をまずは、7つに分けます。

その時に、頑張った部署には多く、頑張れなかった部署には少なくなります。

仕入れ部や管理部は、賞与原資が多ければ沢山出せますし、少なければ少ししか出せません。

例えば、直営事業部などでは、部署ごとに分けた「賞与」をさらに店舗ごとに分配していきます。

その時も、6ヶ月間の店舗ごとの業績をもとに分配していきます。

業績の悪い店舗は、残念ながら賞与の配分が少なくなってしまいます。

店舗ごとに分けた賞与原資を、さらに一人一人に分配していきます。

その時の分配方法は、人事考課という評価システムを使います。

一人一人の6ヶ月間の売上目標達成率や職務態度、会社貢献度などを5段階の点数に

表して採点します。

最初に自分自身が点数をつけます。

そして、直属の上司が更に点数をつけます。

更にその上の上司が点数をつけます。

そうすることによって、平等公平な評価が出来るからです。

しかし、実際に賞与を分配する者は、全社員さんの仕事ぶりを把握しておりません

ですから、皆さんの直属の上司が評価して採点をしたものを、大きなグラフに書き

出します。

そして、全社員の点数をグラフに落としていろいろな角度から評価します。

かなり大変な業務ですが、賞与をたくさん出せるときは楽しくてやる気も出ます。

しかし、少ない賞与を分配するときは、とても苦痛で情けない気持ちでいっぱいになります。

ですから、日々の予算をちゃんと達成して、たくさんの賞与を出せるようにして欲しいと思います。

「賞与」ボーナスは会社が出しているように思われているかもしれませんが、そうではありません。

みなさんが、自分で作って貰っているだけです。

ですから、たくさんの利益を出して「賞与」をたくさんもらえるようにして欲しいと思います。

自分たちの収入は自分たちで決めるのです!














拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
プロフィール
HN:
杉浦眞悟
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1957/02/03
職業:
社長
自己紹介:
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」の代表取締役社長
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.