忍者ブログ
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」社長のブログです。
[103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93
今日は、「値引き」について話したいと思います。

我々小売業に従事する人間には「値引き」は避けて通れない問題です。

お客様に「もうちょっと安くしてよ!」と言われると、ついつい何とかしますと言いながら、値引きをする傾向があります。

しかし、会社を経営する立場からすると、1%の値引きがそのまま経常利益の減額となりますから、とても大きな損害です。

例えば、我が社が30億円の年商だとすると、全商品を1%値引きする事によって約3000万円利益が少なくなります。

もし、2999万円しか利益がなかったとすると、たった1%の値引きで赤字転落することになりかねません。

逆に、もし現在値引きをしている額を1%減らせば、3000万円の利益が増える事になります。

もし現在、全商品を5%の値引きをして販売しているとすると、全商品を値引きしないで販売した場合、なんと約1億5000万円もの利益が増える訳です。

ですから、どれだけ「値引き」が経営に大きな影響を与えるかわかると思います

利益を残す為に最も大事なことは「売価設定」と「値引き防止」だと考えます。

商品価格を安くして、お客様に喜んでいただく事は大切な事ですが、売価設定した商品の値引きは、利益計画を狂わせてしまう元凶になってしまいます。

そして、お客様によって購入価格が違ってくると言う事は、不公平極まりない事ではないでしょうか。

では、どうして簡単に値引きをしてしまうのでしょうか?

その理由の一つに、販売員が商品の仕入れ価格を知っている場合が考えられます。

仕入れ価格から計算して、「これぐらい利益を取ればいいだろう」と自分で判断して簡単に値引きに応じてしまうからです。

何も知らない新入社員は、値引きをする事が怖くて出来ません。

ですからオープンセールで「利益の無い目玉商品」をたくさん売っているにもかかわらず、全体の粗利率はかなり高いわけです。

要するに、ベテラン社員の方が「値引き」をしてしまう傾向にあり、店舗全体の粗利率を引き下げているのです。

特に店長が、簡単に「値引き」に応じている店舗の粗利率は、新店舗に比べかなり悪い結果が出ています。

「正札販売」を考えた松下幸之助翁が、商売する上で最も大事な事は「値決め」であると言われたそうですが、本当にその通りだと思います。

家具小売業に従事する者にとって、お客様に「他店では値引きしてくれたのに、お前のところは一円も値引きしないのか!」と言われる事が最も辛い事であり、又どうしても値引きをしてしまう原因だと思います。

しかし、我が社ビッグウッドは家具のアウトレット専門店であり、何処よりも安い価格で値付けしている訳ですから、「値引きは出来ません!」と堂々といえる訳です。

逆に簡単に値引きしていると、お客様に疑われ、最も大切な信用を無くしてしまう恐れがあります。

ですから、どうしても「値引き」しなければいけない状態であっても、自分だけで判断しないで、店長やエリア長に相談して欲しいと思います。

又、相談された店長も、エリア長も簡単には「値引き」を許さないようにお願いしたいと思います。

              株式会社 家具のアウトレット ビッグウッド 杉浦眞悟



拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
プロフィール
HN:
杉浦眞悟
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1957/02/03
職業:
社長
自己紹介:
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」の代表取締役社長
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.