忍者ブログ
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」社長のブログです。
[108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98
今日は,楽天の三木谷社長の「成功の法則92か条」の中から、「0.1%の改善の積み重ねが成功を生む」です。

誰かが成功すると、人はその運の良さを羨む。

他人の成功を運の良さに帰結させる人は、永遠に成功を手にする事はできない。

なぜなら、どんなに大きなチャンスがあったとしても、準備の出来ていない人間にはそれを手に触れる事すら出来ないからだ。

チャンスがそこにあることさえ、おそらくは見えないだろう。

問題はどういう準備が必要かだけれども、結局のところは日々の小さな努力の積み重ねでしかないと思っている。

単純に日々の仕事を真面目にこなすだけでは足りない。

僅かでもいいから、昨日よりも今日、今日よりも明日と、進歩し続けなければいけない。

どんな高い山を目指す登山家であろうとも、今この瞬間にやらなければならないのは、一歩前に足を踏み出す事でしかない。

ビジネスで言うなら、毎日0.1%でもいいから、自分達の仕事の質を高めていくと言う事だ。

一日0.1%の改善でも、一年続ければ44%もの改善になる。

その改善の積み重ねが成功につながる、そしてその努力を続けられた者だけが、チャンスという波に乗る事ができるのだ。

その為にも、自分の仕事を他人事のように客観的に見る癖をつけよう。

他人の仕事のアラを探すのは簡単だ。

それは、他人の仕事を客観的に見ているからだ。

その客観的な目を、自分に向けるのだ。

改善すべき点は、いくらでも見つかるはずだ。

もちろん、ひとつひとつのアラには、それなりの理由があるだろう。

時間が無い、仕事が多すぎる、人手が足りない、他人事ならそんなものなんとかなるはずだとわかるのだが、自分の事だと上手くいかない。

そこには、個人的な事情というものがあるからだ、情けない話だけれども、誰でもそういうものなのだ。

けれど、これは逆に言えば、そこでちょっと頑張れるかどうかで、大きな差がつくということでもある。

時間が無いなら、明日は早起きして、10分でも早くデスクにつく努力をしてみよう。

それも0.1%の改善なのだ。

重要な事は、そういう0.1%の努力を毎日続ける事。

思いついた時にやるのではなく、毎日その努力を積み重ねる為の、自分なりの仕組みを作る事。

具体的に言えば、出来るだけ短い単位で自分の仕事を客観的に眺める為に、記録をつけるのだ。

僕は、一日単位の日報をつけることをお勧めしたい。

これは楽天でもやっている事だ、単位を短くすれば、記録するのにかける時間も短くてすむ。

0.1%の改善を常に続けているかも、一目瞭然でわかると言うわけだ。

地道な作業ではあるけれど、その地道な作業の積み重ねが、大きな結果を生む。

それが、大波に乗る為の秘訣であり、運のいい人になるための方法論なのだ。

以上が、三木谷社長の考えですが、成功されたほとんどの方が同じ事を言っています。

やはり、日々の改善努力が無ければ、成功はありえないと思います。

            株式会社 家具のアウトレットビッグウッド 杉浦眞悟 

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
プロフィール
HN:
杉浦眞悟
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1957/02/03
職業:
社長
自己紹介:
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」の代表取締役社長
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.