忍者ブログ
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」社長のブログです。
[229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219
今日は、「家具再生工場」のお話をさせていただきます。

実は、福岡県大川市に2800坪の「ビッグウッド物流倉庫」があります。

2011年12月、その物流倉庫の中に「家具再生工場」をつくりました。

何の為に、「家具再生工場」をつくったのか?

ビッグウッドは、家具アウトレット専門店として1990年、日本で初めて誕生した会社です。

実はアウトレット商品には、色々な種類があります。

メーカーさんや卸屋さんや商社さんの処分品(換金商品)、旧型品、傷物品、キャンセル品、倒産品など色々な理由で安く処分しなければならない商品です。

その中に、傷物品があるのですが、傷物品の中にB品とC品というものがあります。

誤解を招くといけないので言って置きますが、B品もC品もどちらも新品で、リサイクル品ではありません。

B品とは、簡単に言えば「チョイ傷品」のことで、使用するには全く差支えがない状態の傷物家具のことです。

C品とは、傷がひどく修理しなければ、使用する事ができない状態の傷物家具のことです。

また、C品の中にも「部品不足」「穴あき」「割れ」「はがれ」「脚折れ」など色々な状態の家具があります。

C品の中には、当然修理できないで廃棄しなければならない家具も存在します。

検品もしないで廃棄しているメーカーさんや卸屋さん、商社さんがたくさんあります。

要するに産業廃棄物として大量のゴミが発生している訳です。

エコの時代にこのような現実を見て、ビッグウッドは立ち上がりました。

資源の有効利用やゴミの削減に取り組まなければならない時代に、廃棄している家具をなんとかもう一度再利用できないものかと考えました。

そこで、一年前に「家具の再生工場」を設立いたしました。

今は、まだ3名で運営しておりますが、将来は大きな規模の工場にしていきたいと思っております。

一名は我が社(ビッグウッド)の優秀な社員を、責任者として任命し、後の2名は家具職人さんを採用しております。

そして、修理する為の機械を購入し、修理道具を買い揃え2011年12月にスタートいたしました。

まだまだ、たくさん商品供給は出来ませんが将来は、社会の為になる「エコ工場」に成長すると信じております。

また、修理する前に傷の部分の写真を撮り、修理したあとの写真を撮り、お客様に提供していこうと考えています。

プロの家具職人さんが修理した家具ですから、どこに傷があったかわからなくなってしまう場合があります。

そのため出来上がった状態を、修理前、修理後、「ビフォー」「アフター」で、お客様に見ていただこうという試みです。

お客様には、安心して「修理した家具」を購入していただけるように考えております。

当然、お値段は「激安価格」になると思います。

今年は、「社会貢献」を経営方針の一番に考え頑張っていこうと考えております。

            株式会社 家具アウトレット専門店 ビッグウッド 杉浦真悟










拍手[12回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
プロフィール
HN:
杉浦眞悟
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1957/02/03
職業:
社長
自己紹介:
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」の代表取締役社長
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.