忍者ブログ
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」社長のブログです。
[94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [43]  [85
今日は「昇給」についてお話しをしたいと思います。

社員さんであれば誰でも「昇給」に対して興味があるはずですが、経営者としても大変気になるところです。

会社を経営する方にとって、最も大事な仕事は「利益の配分」だと思います。

社員さん達が一年間一生懸命働いて残してくれた利益、この貴重な財産をどのように分配するかというのが、経営陣(役員)の大きな義務であり、責任であります。

従業員にとって、毎年昇給するというのが理想でしょうが、なかなかそうは行かないのが現実です。

我が社も、昨年度は残念ながら昇給する事ができませんでした。
会社経営というのは、景気に左右される事もあり又、店舗閉鎖等による「特別損失」を出した場合は、利益を残せない時もあるのです。

今年度の決算では、なんとか利益が残せそうなので「昇給」が出来ると思います。
経営陣にとっては、全社員さんに昇給をして上げれる事が「喜び」であり、又「やりがい」でもあります。

我が社の決算の時期は3月末でありますが、決算が確定するのは4月の末から5月のはじめになりますので、今の時点では正確に利益額がわかっておりません。

しかし社員さんの「昇給」は4月のお給料からしたいと考えています。

今日の経済新聞には、「賃上げ1.78%、5年ぶり縮小」と言う見出しがありましたが、昨年と違いかなり厳しい経済状況で、大手企業も赤字決算の企業がかなりあるため、昇給率が下がったと書いてありました。

我が社は、現在の厳しい経済環境に中、アウトレット産業と言う事もあり「生活防衛企業」としてお客様に支持されており、業績は悪くはありませんが、経常利益率はかなり低く、決して優良企業ではありません。

同じ家具業界ではN社が過去最高益を出していましたが、なんと経常利益率が12%以上であると新聞に出ていました。

これは驚くべき数字(12%以上)であります。

売上げから商品原価を引いて、さらに全ての経費を引いた残りの利益が12%以上あると言う事は、まだまだ商品価格を下げる余裕がある訳ですから、同業者としては恐るべし会社です。

我々家具業界に従事している者は、「景気が悪いとか、利益が出ないとか」言って嘆いている場合ではないと思います。

このままN社が全国津々浦々まで出店して、さらに売上げを伸ばし、利益を増や 
し、そして、N社が自社商品の価格を値下げしていけば、差別化されていない普通の家具店さんは、生き残れない恐れがあります。

我々「ビッグウッドグループ」は、差別化されたアウトレット家具専門店として、将来も利益を出し続け、グループの全社員さんが毎年、「昇給」を楽しみに出来るように頑張りたいと思います。

        株式会社 家具のアウトレット ビッグウッド 杉浦眞悟

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
プロフィール
HN:
杉浦眞悟
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1957/02/03
職業:
社長
自己紹介:
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」の代表取締役社長
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.