忍者ブログ
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」社長のブログです。
[92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [43]  [85]  [84]  [83
こんにちは、今日は「尊敬されるリーダーとはどのようにしてなれるのか!」と言うお話をしたいと思います。

リーダーと言えば、家族の家長から始まってスポーツのチームリーダー、国の統治者(総理大臣、大統領等)、宗教の教祖様まで幅広く存在しますが、大きさはさまざまですが、集団をまとめる管理者である事は間違いないと思います。

社長は会社のリーダーであり、部長は各部のリーダーであり、エリア長はエリアのリーダーであり、店長は店舗のリーダーであり、それぞれ自分の組織(仲間)をまとめる仕事をしています。

人をまとめる(管理)する仕事をうまくやり遂げるには、自分が管理する組織(仲間)から尊敬される必要があると思います。

では人から尊敬される為にはどうすればいいんでしょうか?

これは私の意見として聞いていただければありがたいのですが、組織とは人の集まりであって、そこに集まった人たちはリーダーである人間を、心の底では尊敬したいと思っているものです。

ところが、リーダーの資質がないとか、仕事が出来ないとか、人間性に問題があるとか言ってなかなか尊敬してはくれません。

おおむねリーダーとは批判され、悪口を言われるものですが、心の底では尊敬したいと望んでいるものだと思います。

「自分が尊敬される為には、相手を尊敬するしかない!」と言うのが私の結論です

これは「鏡の法則」と言って、好きになれば好かれる、嫌えば嫌われる、軽蔑すれば軽蔑される、悪口を言えば悪口を言われる、ですから尊敬すれば尊敬されるという事になるのです。

ではどうすれば人を尊敬できるのか? 

それは、その人の長所(宝)を見つけ出し、評価し、自分より優れている所を認め、そしてその人のことを好きになる事です。 

好きにならなければ尊敬する事は、非常に難しいのです。

我々人間は、自分の事を認めてくれて、大事にされて、褒めてくれて、自分の為に叱ってくれる人を尊敬するのではないでしょうか。

ですから仲間を好きになり、尊敬し、大切に思えば、おのずと尊敬されるのです。

この道理がわかれば、自分が何をすべきかわかるはずです。

そしてもう一つ大切な事は、組織(仲間)を分け隔てなく公平に評価する事です。
私情で人を評価していては、立派なリーダーにはなれません。

管理職をされている方は、是非この道理を理解していただき、まずは部下を好きになって、認めて、尊敬してあげて下さい。
あなたも尊敬されるリーダーになることが出来るはずです。

最後にもう一つ、決して仲間の悪口を言わない事が大切です、本人に直接言えば問題は解決します。
悪いところを直してもらうように懇願すれば、必ずわかってもらえると思います。

以上が私の考えですが、一つの意見として考えてみてください、皆さんのお役に立てたら幸いです。

       株式会社 家具のアウトレット ビッグウッド 杉浦眞悟

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
プロフィール
HN:
杉浦眞悟
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1957/02/03
職業:
社長
自己紹介:
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」の代表取締役社長
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.