忍者ブログ
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」社長のブログです。
[214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204
今日は、PFドラッカーの「チェンジリーダーの条件」から、「未来において何かを起こす責任」と言う題で書いてみます。

未来において何かを起こすには、特に創造性は必要ない。

必要なものは、天才の業ではなく仕事である、ある程度は誰にでも出来ることである。

想像力の富むビジョンの方が、成功の確率が高いわけではない、平凡なビジョンがしばしば成功する。

必要だったのは、才能ではなく、勇気だった。

確かに、未来に何かを起こすには、勇気を必要とする、努力を必要とする、信念を必要とする。

未来に関わる構想のうち、必ず失敗するものは、「確実なもの、リスクのないもの、失敗しようのないもの」である。

明日は必ず来る、そして明日は今日とは違う!

その時、今日最強の企業と言えども、未来に対する働きかけを行っていなければ、苦境に陥る。

個性を失い、リーダーシィップを失う、残るものと言えば、大企業に特有の膨大な間接費だけである。

起こっている事を理解できなければ、未来に対する働きかけは出来ない。

その結果、新しい事を起こすというリスクを避けた為に、起こったことに驚かされるというはるかに大きなリスクを負うことになる。

リスクとは、最大の企業でさえ処理できないものであると同時に、最小の企業でさえ処理できるものである。

マネジメントたる者は、未来において何かを起こす責任を受け入れなければならない。

進んでこの責任を引き受けること、すなわち企業における最大の経済的課題に意識的に取り組む事こそ、単なる優れた企業から偉大な企業を区別するものである。

以上は、PFドラッカーの言葉ですが、我々は「未来において何を起こすか」を考えながら仕事をすべきだと思います。

「フェイスブック、ツイッター、ブログ、チラシ、TV、ラジオ、新聞、、雑誌」などの全ての広告媒体を使った、「クロスメディアミックス」の時代に突入しております!

この新しい「広告媒体」を利用して、未来の企業を起こすチャンスだと思います。

皆さん、リスクを負う勇気を持って未来に、挑戦しましょう!

拍手[8回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
プロフィール
HN:
杉浦眞悟
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1957/02/03
職業:
社長
自己紹介:
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」の代表取締役社長
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.