忍者ブログ
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」社長のブログです。
[212]  [211]  [210]  [209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202
今日は、「フェイスブック」について話したいと思います。

経営コンサルタントの小谷川拳次さんが、書いた「フェイスブックでお客様をドンドン増やす本」の中から説明して行きたいと思います。

「フェイスブック」は、日本国内に360万人の登録者がいると記録されていますが、米国ではすでに企業や個人事業者が、フェイスブックの「フェイスブックページ」機能を活用して顧客の囲い込み、コミュニティ化に大成功しているケースが続々と報告されています。

一例を挙げても、コカ、コーラ(フェイスブックページ参加者3013万人)、スターバックス(同6796万人)と言った世界的な企業の成功事例に加えて、個人の成功事例も報告されています。

例えば、米国のオバマ大統領が選挙においてフェイスブックページを有効活用し、著名なアーティストのレディ、ガガも、3700万人のフェイスブックページ参加者と暑い交流を続けています。

なぜ、大企業や著名人がこぞって、フェイスブックを活用するのでしょう?

その背景には、フェイスブックには単に友達を作ったり、知らない人と交流したりする以上に、ビジネスに大きな見返りがあるからです。 

実は、フェイスブックで集客に成功するにはコツがあるのです。

そのコツとは、フェイスブックの大きな特徴でもある1.口コミ力 2.対話力 3.コミュニティ力という3つの力を有効活用することです。

フェイスブックには、最強の口コミ機能が存在するのですが、1.「いいね」ボタン 2.「シェア」ボタン 3.「コメント」機能の3つです。

1.「いいね」ボタンは推薦です、私達がコンテンツに投稿し、友達が「いいね!」とボタンを押せば、友達のニュースフェード画面にそのコンテンツが表示される事によって、口コミでどんどん広がっていく可能性があるからです。

身近な友達や信頼している人が「すばらしい」と推薦している商品なら、試してみようかな、と思う事があるはずです。

つまり、他人に推薦してもらう事によって、自らがセールスするよりも遥かに容易に、商品を広げる事が可能となるのです。

2.「シェア」ボタンは紹介です、「シェア」ボタンは面白いコンテンツに自分のコメントをつけて友達に紹介する事が出来ます。

マーケティングに世界では、「紹介営業」は非常に成約率が高いと言われます。

3.「コメント」機能でウォールを盛り上げる事が出来ます。

「コメント」機能とは、友達が投稿した最近の状況や気になった事に対して、自らがコメントする事ができる機能です。

あなたも、フェイスブック上で何かを投稿してみてください。それが面白い、共感を呼ぶコンテンツであれば、友達から「コメント」と言う形でフィードバックが返ってくるでしょう。

もらったコメントには、又コメントを返していくことで、コミュニケーションの量が増え、ウォールが活発になります。

フェイスブックは友達とつながるインターネットメディアです。

まずは「友達」を増やす事からはじめましょう!

今日は、フェイスブックの機能についてお話しました。

次回は、なぜ「フェイスブック」がお客様をドンドン増やし、売り上げが上がるのか?

と言う疑問に対してお答えいたします!  お楽しみに^^

               株式会社 家具のアウトレット ビッグウッド 杉浦眞悟





拍手[5回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
プロフィール
HN:
杉浦眞悟
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1957/02/03
職業:
社長
自己紹介:
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」の代表取締役社長
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.