忍者ブログ
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」社長のブログです。
[301]  [299]  [300]  [297]  [296]  [295]  [294]  [293]  [292]  [291]  [290
本日は、木村秋則さんの「奇跡のりんご」について話したいと思います。

最近映画にもなり、話題を集めております「奇跡のりんご」です。

最近、木村秋則さんの講演が松山市の媛銀ホールであり、知人の紹介で入場券が手に入りましたので聴きに行きました。

本当に素晴らしい話で、感動いたしました。

木村さんは、自分が経験した事実をとつとつとお話されました。

大変な苦労の末、「奇跡のりんご」が実ったことや、無農薬、無肥料の自然栽培の大切さを話されておりました。

早速、本を購入して読ませていただいたのですが、更に感動させられました。

木村さんがつくった「奇跡のりんご」は腐る事がないそうです。

りんごを半分に切っておくと、いい香りを放ちながら枯れていきますが、2年経ってもその香りが消えることがないそうです。

正に、「奇跡のりんご」ですね。

無農薬では、誰もが出来ないと思われていたりんご栽培を、10年という長い年月をかけ成し遂げたのです。

木村さんが試行錯誤の末に成し遂げた自然栽培による「奇跡のりんご」を一度食べてみたいと思います。

木村さんの「奇跡のりんご」の本から文章を抜粋しました。


6年間努力しても、りんごの実はならず、800本あったりんごの木は半分に減ってしまいました。

とうとう死を決意して首をつるロープを持って山に入って行ったそうです。

そして、首をつる為に木の枝にロープを掛けようとしたのですが、ロープが落ちてしまい、それを探そうと歩いてゆくと、数メートル先にりんごの木があったのです。

りんごの木は見事に枝を張り、豊かな葉を繁らしていました。

ロープを拾う事も忘れて、思わず木に駆け寄ると、それは堂々とした枝ぶりのドングリの木でした。

どの葉にも小さな虫食い一つありませんし、病気にもなっていません。

農薬も肥料も与えられないのに、ドングリは害虫や病気にやられる事無く、元気に育っている。

木の周りは私の肩まで雑草だらけ、足元はふかふかです。

手で掘ってみるとやわらかく湿っていて、雑草を抜くと土と一緒に根っこの先端まで簡単に取れます。

全てが私の畑とは違っていました。

この土を作ればいいんだ!

長年探し続けていた答えが、そこにありました。

私は、思わずひざまずいて土を握りしめていました。


本当に感動する一節です。

実は私も同じような経験を2度しています。

もうだめだと思って、窮地に追い込まれた時こそ「目に見えないもの」が見えるのです。

1度目は、1990年会社が倒産しかけた33歳の時、「アウトレット家具という業態」に出会いました。

アウトレットなんて、まだ誰も見た事も聞いた事も無い、23年前の話です。

2度目の窮地の時は43歳でしたが、「アウトレット家具専門店」のFC事業を考え出しました。

「見えないものを見る」ことは誰でも、一生に何度か出来るはずだと思います。

一生懸命努力しても窮地に陥ることがありますが、絶体絶命の時こそ「見えないもの」が見えるのではないでしょうか!

ピンチはチャンスという言葉がありますが、まさしくその通りだと思います。

最後まで諦めない姿勢があれば、チャンスに変える事が出来るのです!












拍手[5回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
プロフィール
HN:
杉浦眞悟
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1957/02/03
職業:
社長
自己紹介:
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」の代表取締役社長
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.