忍者ブログ
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」社長のブログです。
[297]  [296]  [295]  [294]  [293]  [292]  [291]  [290]  [289]  [288]  [287
本日は、「消費税増税による駆け込み需要の確保」という内容で話したいと思います。

来年4月消費税増税まで、あと4ヶ月となりました。

高額商品を中心に、販売が好調な百貨店や輸入高級車を販売しているディーラーなどすでに駆け込み需要が発生しております。

そして、「最も大きな駆け込み需要」と言える住宅においても囲い込みの争奪戦が始まっております。

住宅が出来れば、必然的に家具が必要になります。

新しい家に、古い家具はマッチしません。

ですから、この際に家具も新しく買い換えようと考えるのが自然の流れです。

我々家具業界でも、新築やリフォームをされるお客様の争奪戦が始まっております。

争奪戦に成功している店舗と、失敗している店舗が如実に明暗を分けてきております。

実は、ビッグウッドグループ37店舗の中でも囲い込みが出来ているている店舗と、出来ていない店舗に分かれてきています。

では、囲い込みに成功している店舗は、どのような販売方法を行っているのでしょうか?

成功事例を挙げてみたいと思います。

1.来店されるお客様全員に、「新築ですか?」とお聞きする。

2.もし新築やリフォームのお客様であったら、「毎週チラシ情報を送らせていただきます」と言って、お名前、住所、電話番号をお聞きする。

3.まとめて買っていただくと「値引き、サービス」などの得点があることをお伝えする。

4.古い家具を「無料引き取り」あるいは「下取りサービス」出来ることをお伝えする。

5.買っていただいた商品を「6ヶ月間」お預かり出来ることをお知らせする。

6.毎週あるいは2週間に一回、チラシ情報を郵送する。

7.もしお客様が探されているような商品が入荷したらお電話をしてお知らせする。

8.人間関係を構築して、お客様に信頼されることが第一です。

以上の「8つの事」を実践して業績を伸ばしている店舗が出てきています。

やはり、家具は高額ですから店舗のスタッフと「ある程度の人間関係」が出来ないと購入出来ないのです。

まして新築、リフォームとなりますと「まとめ買い」されるお客様が多いので、信頼できるお店、信頼できる販売員でないと購入できないのが事実です。

この人から買って大丈夫だろうか?

アフターメンテはしてくれるだろうか?

大きな買い物をするお客様は、「誰から買うか?」というのがかなり大きな購入条件になります。

ですから、来店されたお客様にいきなり商品を販売しようとしないで、「新築ではないですか?」とお聞きして、まずは人間関係を作る努力をしなければなりません。

そして、こまめにチラシ情報を送ったり、お電話したりしながら「お客様の信頼」を勝ち取る事が重要です。

ビッグウッド全店の皆さん、現在最も大きな駆け込み需要は「新築、リフォーム」のお客様です。

来年4月の消費税増税に向けて、これからが「駆け込み需要」のピークになってきます。

全力で勝ちに行きましょう!

拍手[5回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
プロフィール
HN:
杉浦眞悟
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1957/02/03
職業:
社長
自己紹介:
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」の代表取締役社長
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.