忍者ブログ
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」社長のブログです。
[316]  [315]  [314]  [313]  [312]  [311]  [310]  [309]  [308]  [306]  [304

今回は「5S」について話したいと思います。

「整理、整頓、清掃、清潔、躾」5つの言葉の頭文字を「5S」と言います。

5Sが徹底できている会社は儲かっていると断言できます。

以前は工場などの生産管理の手法の一つとして捉えられてきたこともあり、5Sと言うと「せいぜい職場が綺麗になって、時間のロスが少し減るぐらいですのね」なんて言われることもありました。

しかし、現在では「利益を上げるに値するような組織風土を作るための活動」と位置づけられるぐらい、重要な取り組みです。

なぜなら、今仕事で求められているスキルが、5Sを通じて培われるからです。

外部環境をもはね返す強い組織の5つの条件が「5S」を通じて培われるのです。

「5つの条件」

1.決断力の向上

2.円滑なコミュニケーション

3.価値観の共有

4.組織的なパフォーマンス向上

5.基本レベル向上サイクルの定着

どうして、5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)が5つの条件を生むのか?


まずは、1.決断力の向上からお話しします。

1.整理とは「不要なものを捨てる」ことです。

これは捨ててもいい、これは捨ててはいけない といった流れで判断基準を共有しなければなりません。

整理を繰り返すことによって、整理の判断基準は統一化され、その組織での共通認識となっていきます。

2.整頓とは「必要なものをいつでも、誰でも取り出せるように配置する」ことです。

組織である以上、個々人の判断で勝手に進められるものではありません、どう考えても組織としての判断基準が必要なのです。

このように、5Sの判断基準を共有するプロセスを通じて、「判断基準を確立し、個々の社員が自ら正しく意思決定して実行できる」ことを組織は経験的に学習していくわけです。


2.円滑なコミュニケーションとは?

上司と部下の縦のコミュニケーション、部門の壁を超えた横のコミュニケーションを通じた組織の一体化のことです。

また、本音のコミュニケーションができる組織への成長です。

成果を上げるためには、当然、縦横のコミュニケーションが円滑に行われていなければなりません。

5Sは上司や部下といった立場は全く関係ありません、またそれぞれの部門の目標や役割とも全く関係ありません。

要するに極めてフラットな関係の中で進められるということです。

その結果、5S活動を通じて「会話をする時間が増える」ことが大切であると言えるでしょう。


3.価値観の共有とは?

個人の価値観は人それぞれだが、組織が大切にすべきものは「ありがとうという感謝の気持ち」と「思いやりの心」の2つの価値観です。

清掃、挨拶を毎日、全社員がすることによって「ありがとう」「思いやりの心」が培われていきます。


4.組織的なパフォーマンス向上とは?

挨拶という行動が、その後の仕事のパフォーマンス向上にもつながるものであります。

挨拶ができる上司の元なら、部下も実力が発揮できる。

上司が部下の心の状態を気遣いながら、パフォーマンスを上げやすい状況を作る意識がある組織の方が、結果をあげやすいのは当然です。


5.基本レベル向上サイクルの定着とは?

基本を当たり前にできるようになれば、さらにレベルの高いことに挑戦でき、そのレベルの高いことも当たり前にしてしまうことを「基本レベル向上サイクル」と言います。

ですから、5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)の基本を当たり前のようにできるようになれば
さらにレベルの高いことが出来るようになるのです。

当たり前のことが出来ない組織が、さらに高度なことが出来るようになるわけがありません。

誰でもできる「凡事の徹底」こそ、「利益をあげる組織風土」を作ることなのです。








拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
プロフィール
HN:
杉浦眞悟
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1957/02/03
職業:
社長
自己紹介:
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」の代表取締役社長
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.