忍者ブログ
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」社長のブログです。
[341]  [340]  [339]  [338]  [337]  [336]  [335]  [334]  [333]  [332]  [331
本日は「成功する人の考え方」について話したいと思います。

京セラの名誉会長である稲盛和夫氏がつくられた「盛和塾」の月刊誌から抜粋いたしました。

人は誰でも「成功」したいと思うでしょう。

人生において「成功」とは人それぞれ違うと思いますが、仕事であれ、趣味であれ、成功を目指して努力するのが人生だと思います。

成功していく人のパターン見ると、自分の未来に対して明るく楽天的な人であります。

陰気で深刻に考える性格ではいけないのです。

物事を成功させるためには、まず楽観的に思いつき、悲観的に計画し、楽観的に実行するのがベストです。

楽観的なおっちこちょいが思いつき、悲観的な頭の良い人が計画し、両者が協力して実行するということでしょうか。

大事なことは思い込むことです。

最初は難しいことは考えないほうがいいのです。

「全て簡単に実行出来そうだ」と自分自身が思い込むことが大切です。

一番必要なことは、自分自身の可能性を信じることです。

「私は頭が悪いから」などと自分で壁を作ったら、夢みたいなことをやろうという気になりません。

人間は、自分自身を信じられないと行動できません。

セルフモチベーション「自分で自らを励まし、奮い立たせる」ことができない人はリーダーにはなれません。

人から励まされたり、褒められないとやっていけないタイプの人はリーダーに向いていません。

リーダーはいろいろな圧迫や悪条件に向き合うので、自分を自分で励ませる必要があります。

物事はうまくいくと信じて始めてもにっちもさっちもいかないと思ったところで、普通の人はやめてしまうのです。

実は、その時が始まりです。

「もうダメだだからやめよう、これ以上継続すれば、借金が大変なことになる」という時に辞めるから、不成功者、失敗者になるのです。

そこまでは準備期間です。

「もうダメだという時が仕事の始まり」なのです。

それを知らないから、準備期間につぎ込んだ資金が全て無駄になってしまうのです。

このことをよくよく認識し、頑張らなければいけません。

ただし、それは綿密に計画を立て、考えに考え抜いて、「やれる」と信じ込み、始めた人の場合です。

考えに考え綿密に計画を立てる、それさえ行えば、物事は100%成功します。

成功するための条件とは、心の動きです。

成功すると思うと成功するし、失敗すると思うと失敗する。

まさに心に描くとおり現象が起き、成就していく。

このあたりで終わりにします。

皆さん、ぜひ参考ににてください!




拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
プロフィール
HN:
杉浦眞悟
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1957/02/03
職業:
社長
自己紹介:
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」の代表取締役社長
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.