忍者ブログ
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」社長のブログです。
[220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210
今日は、「イノベーション」innovationnについて話したいと思います。

イノベーションの語源は1911年オーストリア出身の経済学者シュンペーターによって定義されました。

以前、日本では「技術革新」と言う意味で使われていましたが、現在は「経営革新」「革新」「刷新」と言う意味で使われています。

新しい技術の発明だけだけではなく、新しいアイデアから社会的意義のある、新たな価値を創造し、社会的に大きな変化をもたらす自発的な人、組織、社会の幅広い変革であります。

つまり、それまでのモノ、仕組みなどに対して、全く新しい技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出し、社会的に大きな変化を起こすことを示します。

シュンペーターは,物づくりを「物質と物質を労働によって結合させる事」と考えました。

そして、「一種の飛躍がない限り達成できないような劇的な現象が起きる場合に、はじめて経済発展に寄与するような変化が現われるのだ」と主張しました。

わかりやすく説明すると、

例えば、梅干しとご飯と言う物質を握れば「おにぎり」という製品が出来ます。

そして、おにぎりは具を変えたり混ぜご飯にしたりしてだんだん変化させていけるので、どんどん新しい製品を開発できます。

でもこれは、まだ、イノベーションではありません。

ある時、おにぎりを作っていたお弁当屋さんの主人が、「そうか、お客さんがおにぎりを買って、そこで食べられる店を作れば儲かるぞ!」と思いついて、「おにぎりレストラン」を作ったとします。

つまり、「おにぎり」という製品と「レストラン」というサービスを結びつけたわけです。

おにぎりを作っていたお弁当屋さんにとってレストランを経営するというのは、それまで考えてもみなかった一種の飛躍があると思います。

でもこれでも、まだ、イノベーションとは言いません。

では、何が「イノベーション」なのかと言えば、実は「おのぎりレストランを作ったこと」と、さらにその「おにぎりレストラン」というアイデアの価値が認められてお店が、大繁盛する現象の両方の事なのです。

このように、モノやコトが新しく結びつき、それが新しい価値として社会的に受け入れられ、経済が発展した状態の事が、「イノベーション」の最初の意味でした。

「技術の変化」と「社会の変化」がセットで起きる事によって「イノベーション」が成立するのです。

この2つがそろっていることに、またそれらが相互作用を与え合う事に、重要な意味があるのです。

実は、「アウトレット商品の販売」も日本国内では、「イノベーション」なのです。

20年前まで日本では、アウトレット商品(傷物、廃盤品、旧型品、)などは、ほとんどが廃棄されていました。

廃棄されていた商品を修理して販売する、またお客様に喜んで買ってもらって大繁盛する事は、間違いなく「イノベーション」であります。

また、ビッグウッドが取り組んでいる「アウトレット家具店のFC展開」も、日本の家具業界では「イノベーション」だと思います。

小さい「イノベーション」を大きな「イノベーション」にする為に、懸命に頑張るつもりです。

P.Fドラッカー氏は、経営とは「マネジメント」と「イノベーション」であると言われておりますが、両方ともとても大切な事だと思います。

「イノベーション」を起こさない企業は、衰退して行くと言われていますが、日々「革新」して行くよう努力するべきだと思います。


              家具のアウトレット 株式会社ビッグウッド 杉浦眞悟



拍手[8回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
プロフィール
HN:
杉浦眞悟
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1957/02/03
職業:
社長
自己紹介:
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」の代表取締役社長
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.