忍者ブログ
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」社長のブログです。
[112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102
こんにちは、先週に引き続き経営理念について話したいと思います。

ビッグウッドの 第二の経営理念 は、

            「企業の再生支援を通じて社会に貢献する」です。

何のことか意味がわからない方が多いと思います。

実は、ビッグウッドは家具アウトレットの専門店として、フランチャイズ展開をしています。

現在FC店が18店舗ございますが、7年前からスタートして今に至っています。

何故、フランチャイズ展開を始めたのかと言うと、地方の中小家具店が生き残る為に微力ながら、応援できると考えたからです。

ビッグウッドは18年前、通常の家具専門店からアウトレット専門店に業態転換をする事により生き残ることが出来、業績も良くなりました。

そこで、そのノウハウを中小家具店に教えることによって、業績の悪い中小家具店を再生出来ると考えたのです。

又、現金仕入れにより、アウトレット商品も大量に仕入れることが出来るようになり、FC店に供給できるだけの余裕が出て来た事も、追い風になりました。

自社で成功したノウハウを、他社に教えることに多少抵抗もありました。

しかし、中小家具店の「強者グループ」を創り上げたいと思う気持ちが抑えきれなくなり、フランチャイズを考えた次第です。

ビッグウッドは、日本で始めてアウトレットと言う業態に転換して、はや18年が経ちました。

おそらく「アウトレット業態」を日本に広めると言う「使命」を持っているのではないかと思うのです。

我々企業は世の中に必要とされるから、存在できるわけです。

世の中の為に、何が出来るのか?

社会貢献と言うのは、「仕事を通じて世の中の為になる」でありますから、ビッグウッドはFC展開を通じて社会に貢献する事を「経営理念」にしたわけです。

経営理念とは、存在意義であります。

もし経営理念が、世の中の為にならないような事であれば、その企業の存在価値はありませんから、自然と淘汰されて無くなるでしょう。

何の為に、ビッグウッドは存在するのか?

「従業員さんを守る為」と言うのは当然ですが、「お客様に喜んでいただく為」、「中小家具店さんにアウトレットを広める為」に我が社は存在するのです。

それぞれの企業がそれぞれの「使命」を持っておりますが、いかに全従業員が自社の「使命」を認識しているかと言うことがとても大切です。

ですから、企業理念を全従業員に浸透させることは、本当に大切な事なのです。

業務の判断基準にしても、「経営理念」に沿った考えで判断するべきです。

我々会社幹部は常に「経営理念」の意味を、末端の社員さんにまで教えると言うことを怠ってはいけないと思います。

とは言うものの、まだまだビッグウッドの「経営理念」を理解している社員さんは少ないと思いますので、是非このブログを読んで欲しいと思います。

「経営理念」PART-1からPART-4まで書きました、長い文章で読みにくいとは思います。

しかし、ビッグウッドの社員さん達にとっては、とても大事なことを書いてあります。

ビッグウッドの全従業員さん!

「どうかお願いいたします」「読んでください」  悲痛な叫びです! 

      株式会社 家具のアウトレットビッグウッド 杉浦眞悟



拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
プロフィール
HN:
杉浦眞悟
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1957/02/03
職業:
社長
自己紹介:
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」の代表取締役社長
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.