忍者ブログ
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」社長のブログです。
[282]  [281]  [279]  [280]  [278]  [277]  [276]  [275]  [274]  [273]  [272
今日は、「ブランド」という題で話したいと思います。

ブランドとは、特定の売り手の製品及びサービスを識別するのに用いられる名称、記号、デザインなどを総称したものであります。

言葉で表現できない記号、デザイン、レタリングなどをブランドマークと言います。

「ブランド」とは,製品の構成要素のうち、最も重要なものの一つで、その製品や企業に関するあらゆる印象や体験の蓄積を意味します。

強いブランドとは、個々の顧客の関心領域において圧倒的な価値的優位性を確立しているものであり、またその顧客の期待を裏切らないことを約束する製品や企業の象徴のことを指します。

一方企業にとってブランドは競争優位や長期的な収益の基礎になる重要な資産であります。

「ブランドの役割」

1.消費者にとって

顧客にとって購買の意思決定に至るまでの時間やコストを節減する「識別」の機能

購買リスクの低減、回避に役立つ「品質保証」の機能

ブランドイメージに自己を重ね合わせ、自己実現や表現の手段とする「意味づけ」の機能

2.企業にとって

ブランドの商標権を設定することで競合と差異化できる。

顧客のロイヤリティを得て、安定的な売上げを確保できる

プロモーションへの依存を減らすと同時に、競合製品に比べてプレミアム価格を設定出来る為、利益率が高くなるなどの便益がある。


ブランドと言われてパット思いつくものはバックなら「エルメス」「ビトン」、時計なら「ピアジェ」「ローレックス」などでありますが、これらは製品ブランドです。

日本の企業ブランドと言えば、「トヨタ」「日産」「ソニー」「ユニクロ」「セイコー」「京セラ」「ダイソー」「ブックオフ」「セブンイレブン」など言い出したらキリがありませんよね。

どの企業も業界を代表した有名メーカー、有名小売店であります。

例えば車と言えば「トヨタ」とか、アパレルと言えば「ユニクロ」とか、古本屋と言えば「ブックオフ」とか100円ショップと言えば「ダイソー」とかそれぞれの業界を代表した企業です。

家具インテリア業界では、やはり「ニトリ」がブランド企業と言えるでしょう。

アウトレット家具業態が生まれたとしたら、現在の時点では「ビッグウッド」がブランドになるのではないかと思います。

しかし、現実にはまだまだ「アウトレット家具業態」というものは認知されておりません。

そんな業態聞いたこともないといわれる方がほとんどでしょう。

我々ビッグウッドは、日本で「アウトレット家具」という新しい業態を、広める努力をしております。

時代と共に新しい業態が生まれてくるものですが、本当に必要とされる業態しか生き残れないのも現実です。

我々が広めようとしている「アウトレット家具」という業態は、今の日本で本当に必要とされているのでしょうか?

(メーカー→大卸→地方問屋→家具小売店)という流通がなくなり、(メーカー→家具小売店)という形になってきて、さらには、メーカーであり物流機能を持ち小売もするという(SPA)という物流の形が出来てきております。

最近は(海外メーカー→商社→小売店、ネット販売、通販)という物流形態が多くなってきています。

そういう時代の中で、我々が扱うデッドストックがどんどん増えているのは事実です。

例えば、海外からコンテナで輸入した商品は海外のメーカーに返品することは出来ません。

日本国内の商社の倉庫にデッドストックとして残ります。

日本のメーカーは、高額商品を製造していますから、もしデッドストックが出来たとしても、修理してもう一度販売するという手法を使います。

ですから、国内のメーカーからデッドストックを仕入れるとことは大変難しいのです。

しかし、日本国内で製造される家具の生産量は極端に減ってきておりますから、どちらにしても期待することは出来ませんね。

家具を輸入している商社は、常にかなりの在庫を抱えています。

通販業者やネット販売業者からの返品も多く、デッドストックを抱えている可能性が高いのです。

日本には大小をあわせて多くの商社が存在し、多くのデッドストックが存在しているのです。

このデッドストックを、修理して販売するという業態(アウトレット家具業態)は、現在の日本では必要とされている業態だと思います。

海外ではどうなのかと言いますと、例えば中国ではメーカーが自社の「ファクトリーアウトレットショップ」を持っており、デッドストックを自社で処分しています。

しかし、同じ商品だけではショップとして成り立ちませんのでいろいろな家具メーカーが集まって「家具のアウトレットモール」を展開しています。

地元のお客様は安くてよい家具が買えるので、大変喜んでいるようです。

日本でも、いずれは「家具のアウトレットモール」が出来ればお客様に喜ばれると思います。

我々が目指す「アウトレット家具業態」を日本国内で成長させる為には、国民の皆さんに本当に喜んでもらえる「アウトレット家具専門店」を全国展開しなければなりません。

これが「ブランド構築」だと思います。

アウトレット家具業態と言えば 「ビッグウッド」 だと言われるように頑張りたいと思います!

そして、ビッグウッドのブランドマーク「ウッド君」を全国の方に知っていただきたいと思います!








拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
プロフィール
HN:
杉浦眞悟
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1957/02/03
職業:
社長
自己紹介:
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」の代表取締役社長
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.