忍者ブログ
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」社長のブログです。
[190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [178]  [176]  [175]  [174
今日は、P.F.ドラッカーについて話したいと思います。

ビジネス界において、最も影響力をもつ思想家として知られています。

1909年 ウイーンに生まれ、フランクフルト大學を卒業。

1933年 発表した論文がナチス、ドイツの不評を買い英国に逃れ、ロンドンで保険会社のエコノミストなどを経験後、渡米    
1939年 ファシズムの起源を分析した「経済人の終わり」を刊行

1944年 GM(ジェネラルモータース)よりマネジメントの研究を依頼され研究に取り組む

1946年 マネジメント理論として「会社と言う概念」を発表

1950年 ニューヨーク大學の教授に就任

1954年 「現代の経営」を刊行

1059年 「変貌する産業社会」を刊行 日本企業へ関心を持つ

1964年 「創造する経営者」を刊行

1967年 「経営者の条件」を刊行

1969年 「断絶の時代」を刊行

1974年 「マネジメント」を刊行

1976年 「見えざる革命」を刊行

1079年 「傍観者の時代」を刊行

1980年 「乱気流時代の経営」を刊行

1985年 「イノベーションと企業家精神」を刊行

1989年 「新しい現実」を刊行

1992年 「未来企業」を刊行

1993年 「ポスト資本主義社会」を刊行

1995年 「未来江の決断」を刊行

1999年 「明日を支配するもの」を刊行

2001年 「プロフェショナルの条件」「チェンジ、リーダーの条件」「イノベーターの条件」を刊行し世界中で大反響を呼ぶ    
2005年 米国クレアモント大學院大学教授を務め、96歳で他界

以上がピータF.ドラッカー氏の経歴であります。

彼は、我々に「メッセージ」として以下の言葉を残しています。

国、経済、産業、事業が今直面する課題は何か、問題は何か、行うべき意思決定は何か、そしてそれらの課題、問題、意思決定に適用すべき基本と原則は何かを、徹底して考えていただきたい!

また、自らの前にある機会と挑戦は何か、自らの拠り所、私信とすべき基本と原則は何かを考えていただきたい!

そして最後に、 

「基本と原則に反するものは、例外なく破綻する!」

「基本と原則は、状況に応じて適用すべきものであっても、断じて破棄してはならないものである!」

                                        株式会社  家具のアウトレット ビッグウッド 杉浦眞悟








拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
プロフィール
HN:
杉浦眞悟
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1957/02/03
職業:
社長
自己紹介:
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」の代表取締役社長
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.