忍者ブログ
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」社長のブログです。
[132]  [131]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [121]  [119
今日は「人材育成」について話したいと思います。

我々中小企業は、人材不足だと言われますが優秀な人材を育成するにはどうすればよいのでしょうか?

人材育成は、いつの世も「永遠の課題」といわれていますが、私の「人材育成」に対する考えをお話したいと思います。

27歳で独立し、いろいろな人を採用し育ててまいりましたが、私の経験では人間の能力にはあまり差はないのではないかと思います。

京セラの稲盛会長が、人生の結果(仕事の結果)=考え方×能力×熱意 であると言われています。

能力の差よりも、考え方や熱意の差の方が遥かに大きいと言うことです。

考え方には、プラスからマイナスまでありますから掛け算すると全てがマイナスになる恐れもあります。

熱意にしても、毎日の積み重ねですからものすごい差が生まれてきます。

要するに、優秀な人材を育てるためには「考え方」と「熱意」を教育する事が大切と言うことです。

先ず「プラス思考の正しい考え方」を教える必要があります。

「チャレンジ精神」とか「失敗を恐れるな」とか「勇気ある行動」とか色々言われますが、「現状から一歩踏み出す」と言う努力を身に着けるように指導しなければなりません。

そして、会社であれば「経営理念」をしっかり教えて、価値観を共有できる人材を育てるべきです。

「お客様に喜んでいただくためにビッグウッドは存在すると言う理念を持ってもらう事」、「好き嫌いで人を評価しない公平な考え方」、「相手を思いやる優しさ」等を持ってもらえるような教育をしなければなりません。

人が人を教育すると言うことは、とても難しいことです。

皆から尊敬されているような人でも、人を教育すると言うことは並大抵の努力ではありません。

まして同年代のスタッフや年上のスタッフを教育するとなると、ものすごい熱意が必要です。

スタッフの事を真剣に考え、大切にする事から、突破口を開いていくのが自然ではないかと考えます。

教育する内容が同じでも、人間関係が出来ているかいないかでは天と地の差があるはずです。

人間関係を良くする方法は、最初に相手の良い所を尊敬し好きになる事から始まります。

そして相手をとても大切に思うようになったら、相手の将来の事まで心配出来るようになります。

本当に相手の事を心配出来るようになったら、厳しい助言や教育も出来るようになるはずです。

「人材育成」とは、人間関係と密接な関係があると思います。

ですから、教育したいと思ったら、相手と良い人間関係を作って、相手を大切に思って、相手の将来まで心配出来るようにならなければだめです。

誰でも、熱意(火種)は持っているのです。

その熱意(火種)に火をつける事が出来るかどうかが、「人材育成」できるかどうかの鍵だと思います。

優秀な人材が、優秀な人材を育成することが出来るわけですから、全てはトップ達の責任です。

人材がいないと嘆かれている会社では、トップ達が自ら勉強して自己啓発し、優秀な人材になるしか方法はないでしょう。

火種に火をつけると言う努力を、自分の部下に行い、その部下がまたその部下に実行出来るような社風を作り上げる事が「人材育成」の要諦だと思います。

              株式会社 家具のアウトレット ビッグウッド 杉浦眞悟





拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
プロフィール
HN:
杉浦眞悟
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1957/02/03
職業:
社長
自己紹介:
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」の代表取締役社長
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.