忍者ブログ
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」社長のブログです。
[289]  [288]  [287]  [285]  [284]  [283]  [282]  [281]  [279]  [280]  [278
今日は 「変えてはいけないもの」 という題で話したいと思います。

会社経営において 「変えてはいけないもの」 とは一体なんでしょうか?

一つは経営理念です。

経営理念は、大きな目標であり、理想であります。

大きな目標や、理想像がころころ変わっては、社員さん達は右往左往してしまいます。

もう一つは、「収益構造」です。

これは業界よっても違いますが、企業によっても違います。

例えば家具業界の「収益構造」は、粗利益 50%以上、販売管理費比率 45%以下、差額が経常利益ですから 5%以上

というのが普通です。

上場企業のほとんどが、粗利益率50%以上をキープしています。

ニトリ             平成24年度決算       粗利益率   55.1%

                                 販売管理費率  34.6%
                                  
                                 経常利益率  18.3%

大塚家具           平成24年度決算       粗利益率  56.6%

                                販売管理費率  54.4%

                                 経常利益率   2.4%

カッシーナイクスシー    平成24年度決算        粗利益率   53.3%

                                販売管理比率  48.5%

                                  経常利益率  4.1%

unico(ミサワ)        平成24年度決算        粗利益率  58.0%

                                販売管理費率  52.4%

                                  経常利益率  5.5%

最近上場したunico(ミサワ)に至っては、なんと 58% の粗利益率を確保しております。

異常なのはニトリです、粗利益率 55.1% は他社と変わりませんが、販売管理費率が 34.6% ですから、経常利益が
18.3%という異常値をたたき出しています。

しかし、後の三社は販売管理費が 50% 近くまでありますので、経常利益率が悪いのです。

いずれにせよ、家具業界で生き抜く為には 50% 以上の粗利益率が必要だということです。

なぜ、粗利益率が高くないといけないのかというと、スーパー業界や他の小売店にはない業務 「配達」 という業務があるからです。

家具を配達する、商品をお届けする為にはかなりの経費が発生します。

ですから、販売管理費比率が高くなるのは仕方がないのです。

ホームセンターの売り上げがほとんどを占める ナフコ や 島忠 の粗利益率は 家具専門店に比べるとかなり低くなっています。

お持ち帰りの商品がほとんどですから、配達経費があまりかからない為に粗利益率が低くなっています。

我々の会社 アウトレット家具専門店「ビッグウッド」では「配達経費+下取り経費+ゴミ処理費」という三大経費がかかっています。

しかし、現状では 50% 以上の粗利益を確保できておりません。

将来的にはなんとか、 他の上場企業と同じように 50% 以上の粗利益率を達成したいと考えております。

「B品改革」によって、粗利益率をアップする事が生き残る為の条件だと思います。












拍手[7回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
プロフィール
HN:
杉浦眞悟
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1957/02/03
職業:
社長
自己紹介:
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」の代表取締役社長
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.