忍者ブログ
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」社長のブログです。
[157]  [156]  [155]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146
今日は「株式公開」についてお話したいと思います。

最近、株式公開の事を 「I P O」と言いますが、I はイニシャル(Initial)、Pはパブリック(Pablic)、Oはオファーリング(Offering)の意味です。

和訳すると、「最初の公開の出し物」と言う意味だそうですが、株式公開と言うより I POと言うほうが一般的になっています。

会社経営継承の手段は4つしかないと言われています。

1.上場=株式公開= I PO
2.子供、社員への継承
3.M&Aによる会社譲渡
4.廃業

以上の4つですが、実際には4の廃業を除けば3つしかありません。

中小企業は一般的に、2の子供、社員への継承がほとんどです。

年齢的に無理でも、能力的に無理でも、自分の子供に継承する場合が多いそうです。

社員への継承は、オーナーが健在な時は、大丈夫なのですが、オーナーにもしもの事があったら、会社経営の継続が難しくなると言うのは、誰しもわかる事だと思います。

3のМ&Aによる会社譲渡の場合、吸収合併された企業の社員さんはかなり辛い思いをするそうです、また吸収合併された会社の名前が存続する事はほとんどないそうです。

以上のことを考えると、1の上場「株式公開」がベストの選択だと思います。

我々創業者は、自分の造った会社を末永く存続させる事が何よりも大切だと考えています。

ですから、自分の手から離れて公共の会社になったとしても、会社の継続を望む訳です。

そして、「誰でも社長になれる会社」に進化させ、次々と社長が交代しながら会社が永遠と生きながらえる事は創業者の夢だと思います。

しかし、上場(株式公開)している会社は全国で、約4925社であり、580万社ある会社の0.085%しかありません。

1178社の内、1社しか上場(株式公開)していない現実を考えると、いかに難しいかと言う事がわかります。

しかし、580万ある事業所の内、ちゃんとした会社として存続しているところは、半分もないと思われますので
この確率が正しいとは言い難いのも事実です。

しかし、一番理想の継承方法が、難しいのは当然ですね!

だからこそ、挑戦する価値があると思います。

皆さんはどう思われますか?

                           株式会社 家具アウトレット ビッグウッド 杉浦眞悟

拍手[6回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
プロフィール
HN:
杉浦眞悟
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1957/02/03
職業:
社長
自己紹介:
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」の代表取締役社長
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.