忍者ブログ
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」社長のブログです。
[161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [153]  [152]  [151]  [150
今日は、「誠実は最強の商法」と言うテーマでお話したいと思います。

大丸百貨店の始祖、下村彦右門さんが残した言葉は、「義を先にして利を後にする者は栄える」であり、

商業界前主幹、倉本長治さんは、「商人の誠実さは繁盛で証明され、商人の知恵の深さはその利益で測定される」と言われました。

又、「商人よ誠実であれ、お客は必ずそれを見ている」とも言われています。

低迷から抜け出しきれない食品スーパー業界において、年率30%の成長を成しえている食品スーパー、オーケー(株)の飯田勧社長は、「お客様を決して裏切らない、それが私の商法です」と言われています。

飯田氏は、オネスト(正直)カードと言う物をつくり、店に貼り出しています。

どういう物かと言うと、商品の産地は当然のことながら、展示してある商品の欠点や、購入時期なども正直にお客様に伝える為の大きなカードです。

また、飯田氏は「エブリデイ、ロープライス」を掲げて、商品の品質、売価を吟味し、品質を絞り込んで、オーケー(株)の売価を、競合店の特売価格に負けないように引き下げています。

オーケー(株)の社風は「極めて謙虚、極めて誠実、極めて勤勉」ですが、まさしく「誠実は最強の商法である」を実践されています。

又、お客様にお願いして、「ご意見カード」という物を書いてもらい、お店に対するお客様の批評をうまく吸収しています。

社長さんは、全ての「ご意見カード」に眼を通して、お客様に回答をしているそうです。

我々小売業者は、お客様との商取引の中で、何を基準に判断するのか?

「損得で判断するのではなく、善悪で判断する!」と言う事が大事ではないでしょうか!

目先の利益にこだわり、お客様に卑怯な対応をすれば、それは将来大きな損害をもたらすと思います。

逆に、こちらが損をしてもお客様に正しい対応をすれば、それは将来大きな利益をもたらすと言う事です。

私は、「誠実は最強の商法」と言う言葉に、その通りであると心の底から納得しています。

皆さんは、どう思われますか?

商売は奥が深いですね。

                     株式会社 家具アウトレット ビッグウッド 杉浦眞悟

拍手[9回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
プロフィール
HN:
杉浦眞悟
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1957/02/03
職業:
社長
自己紹介:
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」の代表取締役社長
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.