忍者ブログ
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」社長のブログです。
[273]  [272]  [271]  [270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263
今日は、「消費税アップ対策」という話をしたいと思います。

2014年4月 5%→8% 2015年10月 8%→10%

来年の4月には消費税が(3%)アップし、再来年の10月には更に(2%)アップいたします!

我々小売業者にとって、消費税アップは大きな問題であり、また大きなチャンスでもあります。

消費者にとって、消費税アップは嫌なニュースでありますが、売り手側にとっては増税前の駆け込み需要が必ず発生しますので、近年まれに見る「特需」になる事が予測されます。

市場全体が駆け込み需要で活性化されると、マンションや車のような高額商品だけではなく、低価格商品でもまとめ買いや、先買いが発生しますので、ほとんどの商売にチャンスが巡ってくるといってもいいと思います。

1997年4月に消費税が2%増税された際の実質消費支出データを見ると、実は駆け込み需要は前年の夏ごろから発生しており、14年になってから消費税の駆け込み需要の対策を練るのでは、遅すぎることがわかります。

しかし、今の消費者はお金を使うことに臆病になっている傾向が強いので、おそらく夏よりももう少しあとにならないと、駆け込み需要は発生しないのではないかと思います。

駆け込み需要が発生する「Xデー」は消費税増税の半年前の13年10月、「消費税増税まで後半年になりました」という報道が一気に流れて,その勢いで年末商戦に突入していくと思われます。

11月以降の商戦は過熱気味に消費が活発になると予測します。

これらの状況から考えると、今のうちから消費税増税の駆け込み需要を考慮した販促計画を立てなければなりません。

増税後の価格設定もにらんで、今のうちから商品の値上げや商品構成に関して、社内で論議を重ねておく必要があると思います。

我々家具業界に従事する者にとっても、「消費税アップ」は大きなチャンスでもあります。

耐久消費財である家具に関しては、何十年も買い替えされていないお客様がたくさんおられます。

そのお客様が一気に「駆け込み需要」を起こす可能性が大きいと考えます。

元来、我が社「家具のアウトレットビッグウッド」は買い替え顧客がターゲットであります。

1997年の消費税アップの時を思い出しますと、かなりのお客様が駆け込み購入をされました。

14年4月の消費税アップも、長年使った家具を買い換える大きなチャンスになると思います!

家具を買い換えようと思われるお客様の気持ちになって、少しでも買い換えていただけるようなサービスを考えておくべきですね。

例えば、「古い家具の無料引き取りサービス」とか「古い家具の下取りサービス」とか、「配送料無料サービス」とか他社に勝るサービスの構築が必要だと思います。

まだ一年以上あると思っているでしょうが、実質には「駆け込み需要」が発生するまで8ヶ月しかありません。

新しいサービスや対応策を構築するとすれば、今から考えておかないと間に合わないのが現実です。

来年、再来年確実に起こる「駆け込み需要」にどう取り組むかによって、会社の業績は大きく変わってくると考えられます。

経営者の皆さん、今から対応策を考え、「駆け込み需要」の大きなチャンスをつかめるよう頑張りましょう!

拍手[8回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
プロフィール
HN:
杉浦眞悟
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1957/02/03
職業:
社長
自己紹介:
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」の代表取締役社長
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.