忍者ブログ
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」社長のブログです。
[272]  [271]  [270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262
今日は、「知っておきたい住宅ローン減税」について話したいと思います。

政府、自民党は2014年4月の消費増税対策として、住宅ローンを借りた人の所得税などを軽くする住宅ローン減税を14年から拡充する方向で調整に入っております。

現在はローン残高 2千万円までの1%分(最大20万円)を毎年の所得税から差し引く減税を10年間受けられるようになっております。

しかし新しい法案では、毎年の所得税から差し引く減税を 4千万円の1%分(最大40万円)まで広げようとしています。

住宅を購入する場合、土地には消費税はかからないが建築物については(マンションは建物相当分)かかります。

2014年4月から消費税が 8%に、2015年10月からは消費税が 10%に上がります。

そうなると住宅の消費税が数十万以上上がる事になり、購入者に対して大きな負担になることが考えられます。

そこで政府は、今の住宅ローン減税が2013年末に終了予定を、さらに5年間延長することとしました。

また、年間の所得税が減税額より低い場合、現在は住民税を最大 9万7,500円減税していますが、2014年から最大 13万円超にする事を検討しております。

さらに、中、低所得者は多額のローンを組むことが出来ない為、減税の恩恵を十分に受けることが出来ない事が予測されます。

そこで中、低所得者に対してはローンを借りた場合は現金などを配ることを検討しています。


ケースA (住宅ローンが 2,000万円(土地 1,000万円+建物 1,000万円)の場合

増税額 1,000万円×5%=50万円の増税

減税額 年間の納税額が20万円程度の場合2013年と同じ
     年間の納税額が15万円以下の場合、10年間で2013年入居より50万円以上の減税メリット

結果 50万円減税-50万円増税=0円 (年間の納税額が 15万円以下の場合)


ケースB (住宅ローンが 3,000万円(土地 1,500万円+建物 1,500万円)の場合

増税額 1,500万円×5%=75万円の増税

減税額 10万円×10年間=100万円の減税

結果 100万円減税-75万円増税=25万円メリット


ケースC (住宅ローンが 4,000万円(土地 2,000万円+建物 2,000万円)の場合

増税額 2,000万円×5%=100万円の増税

減税額 20万円×10年間=200万円の減税

結果 200万円減税-100万円増税=100万円メリット


ケースD (住宅ローンが 5,000万円(土地 2,500万円+建物 2,500万円)の場合

増税額 2,500万円×5%=125万円の増税

減税額 20万円×10年間=200万円の減税

結果 200万円減税-125万円増税=75万円メリット

結果を見ると、最もメリットが出てくるのは 3,000万円~5,000万円程度の物件を購入した場合です。

またメリットが少ないのは、年収が400万円~600万円で、住宅ローン残高が 1,500万円~2,500万円程度の物件を購入した場合です。

また、住宅ローンの減税額は年間最大40万円の上限があり、追加的な減税メリットは10年間で200万円と決まっており、いくら高額な建物を購入しても減税額が増えるわけではなく、かえって購入物件の諸費税分が負担になる事になります。

以上の記事は、家具業界専門誌「ルームファニシング」より抜粋いたしました。

住宅購入を考えておられる皆さん、良く考えて消費税増税に備えましょう!










拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
プロフィール
HN:
杉浦眞悟
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1957/02/03
職業:
社長
自己紹介:
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」の代表取締役社長
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.