忍者ブログ
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」社長のブログです。
[139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [129]  [128
今日は「チラシ広告」についてお話します。

我々家具業界に従事する小売店は、広告媒体としてチラシを長年使ってきました。

しかし、最近チラシの効果がなくなってきたと思われている家具店さんが多いのではないでしょうか。

我が社も、独自のチラシを製作して直営店舗16店、FC店舗19店で撒いておりますが、悪戦苦闘しております。

アウトレット家具店のグループですから、かなり安い価格の商品を掲載し毎週新聞に折込しております。

チラシには、「イメージ広告」と「レスポンス広告」の2種類があります。

イメージ広告は、イメージを訴求するための広告で、レスポンス広告は、反応を計測できる広告のことです。

私たち中小家具店にとっては、やはり費用対効果を考慮しレスポンス広告を選択するべきだと思います。

お客様から共感を得られる効果的な広告を製作するためには、そもそも対象顧客を理解し、ストライクゾーンを探し出さなければなりません。

第一に、対象顧客にインパクト(好奇心)と共感性(顧客の利益)を持たせる事が大切です。


第二に、商品を詳しくわかりやすく伝えて、顧客に理解を深めてもらう。

第三に、会社やお店の歴史、また社長や店長のこだわりや生き様を掲載する事でお客様の記憶に残る内容にする。   

第四に、お客様の不安を解消するような記事、例えば自社の店舗の写真とか、グループの店舗数とか、サービスの内容を記載する。

第五に、「数量限定」、「期間限定」、「タイムサービス」等のような言葉で、お客様が今すぐ購入したくなるようなチラシにする。 

以上のような内容でチラシを製作すれば、かなりの効果があると思います。

最近、新聞を読まない方が急増していおり、当然のようにチラシを見ないお客様も急増していますが、まだまだ地域に密着した広告媒体として、チラシは効果があると思います。

中小家具店の皆さん、厳しい経済環境ではありますが、知恵を絞って効果的なチラシを、お客様に見ていただければ、売り上げも必ず増加すると思います。

皆さん、大型チェーン店に負けないよう、友に頑張りましょう!

             株式会社 家具のアウトレット ビッグウッド 杉浦眞悟






拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
プロフィール
HN:
杉浦眞悟
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1957/02/03
職業:
社長
自己紹介:
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」の代表取締役社長
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.