忍者ブログ
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」社長のブログです。
[115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105
今日は、「お客様に喜んでいただいた事例パート2」を書いてみたいと思います。

感動的な事例もたくさんありますよ! 皆さん楽しみにしてください。

事例1.

先日、引越しをされるお客様が、家具を買い換えたいと言う事で来店され、私は丁寧にお見積もりをしました。

お客様は「今月末くらいには、又来るからね!」と言ってその日は帰られました。

月末になってもお見えにならないので、奥様にお電話したところ「ご主人が事故で亡くなったんです」と言われ、私はびっくりして、気の利いた言葉も言えず電話を切ってしまいました。

しかし気になって、もう一度奥様に電話をかけ「元気を出してください」と一言いいました。

お客様は泣きながら「ありがとう、ごめんね、ありがとう、ごめんね」と繰り返し言われました。

そして「もう子供も家にいないので、食器棚を小さい物に買い換えるね」と言われたので、私は「じゃあ笑顔になったら来てくださいね」と言いました。

事例2.

テレビボードを配達したときに、テレビの配線をしてあげました。

お年寄りのお客様だったので、大変喜んでくれました。

事例3.

先日、テレビボードを見にこられたお客様が、リフォームをされると言われたので、一緒になって部屋の色のバランスや家具を置く場所、カーテンの色、靴箱の色、照明の色、デザイン等、たくさんの事をお話しました。

大変喜ばれて帰って頂けたので、私もすごく嬉しい気持ちになりました。

事例3.

耳の聞こえないお客様が来店され、私は筆談で説明し、商品を購入してくださいました。

その時、お客様が「配達時間をファックスしてくれますか?」と自宅のファックス番号を書いてくだっさたので、私も「わかりました」と書いて渡しました。

その時、売上伝票にファックス番号が書いてないことに気がつき、記入して「不具合があったらこちらにファックスしてくださいね。」と云いました。

お客様は、すごく喜んでくださいました。

事例4.

配達のときに全部の家具にフェルトを貼るようにしました。

よくお客様に喜ばれるようになりました。

どうやったら喜ばれるか、いろいろ考えながら配達を頑張りたいと思います。

事例5.

ご年配の方が腰痛がひどいからといって、座椅子を探しに来店されました。

すぐに使いたい様子でしたが、自分では持って帰れないという事で、ご近所だった事もあり、すぐに配達をしてあげました。

お客様は「いつも痛いので、一日も早く欲しかったので助かりました。」と言って喜んでもらいました。

今日はこれぐらいにしておきます。

皆さん、本当に心温まる事例を読んでいただいて、感想はいかがでしょうか?

「お客様及び全従業員の喜びの創造」と言う(経営理念)を追い求めて、これからも
ビッグウッドは邁進していくつもりです。

             株式会社 家具のアウトレットビッグウッド 杉浦眞悟

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
プロフィール
HN:
杉浦眞悟
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1957/02/03
職業:
社長
自己紹介:
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」の代表取締役社長
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.