忍者ブログ
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」社長のブログです。
[119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109
今日は「褒める仕組み」についてお話したいと思います。

あなたの周りには、ダイヤモンドの原石がいっぱいです。

それをただの石ころと思ってしまうか、ダイヤの原石として磨き光を当てるかで、企業の持つ価値は、大きく変わります。

また、あなたの人生の価値も大きく変わります。

「褒める仕組み」は今の時代に最も合った人材活用法の一つです。

ところで、褒めるという事は、まず相手をしっかり観察する事から始まります。

十人十色と言いますが、人間はそれぞれその人しかない宝物(長所)を持っていますが、それを見つけ出す事が、まず大切です。

自分より優れている所を見つけ出し、相手を尊敬できれば、好感を持てますから自然と「褒める」と言う行為が出来るようになります。

ちょっとした事でも、自分より優れたところがあればそれを認める度量がなければなりません。

「褒めるだけでは、人は育たない」と良く言われますが、叱るだけでは、人は変わらないし、動かないのも事実です。

では、どのようにして「褒める仕組み」をつくり出せば良いのか?

その人が、今出来ている所、お客様に喜ばれているところに焦点を当てて、伝えてあげる事が大切です。

優秀なアスリートに対するコーチのように、自信を与えつつアドバイスをしていかないと結果は良くならないはずです。

しかし、褒めるという事は、おだてたりおべんちゃらを言う事ではありません。

褒めるとは、価値を発見して、伝えることです。

目の前の人、商品、サービス、起きる出来事の中に価値を見つけ、さらにその価値を高め、そしてその価値を伝えることが「褒める」と言うことだと思います。

まず、自分たちの店舗が提供している商品、サービス、体験などの価値を「お客様の声」を使って確認する事から始めましょう。

そして、「お客様に喜んでいただいた成功事例」を、共有化し「お客様の喜びの声」を組織内で共有する。

皆から集めた成功事例やモデルとなる接客を参考にポイントを絞って行動指針(接客内容)を決定する。

お客様からの支持を得やすいポイントに絞りその実現に向け、ポップ等によりお客様に宣伝すると効果的でしょう。

お客様の喜びの声「褒めるところだけ集めた報告書」を作り、それを使って店内会議」を行い、実名を挙げて、そのスタッフに店長やエリア長や営業部長から感謝の気持ちを伝える事も良いと思います。

「これだけ喜んでいただいているお客様に、さらに喜んでもらうためには?」等の議題でスタッフから、アイデアを発表してもらう。

最後に、店舗でスタッフが取り組むべき課題を決定して、お客様に喜んでいただく為に、さらに努力するようにすれば、どんどん良くなるでしょう。

改善が実現、課題が実現されていたら、それを認めて褒めていくことが大切です。

「お客様からの感謝の声が増えてきているよ」などと、お客様の声を使って褒めると良いと思います。

これは、「商業界」と言う雑誌に書いてあった文章ですが、非常に共感いたしましたので、書かせていただきました。

皆さんは、「褒める仕組み」を自社で構築されていますか?

是非、我が社も「最高のダイヤモンド(人財)」をたくさん作り出したいと考えています。

           株式会社 家具のアウトレットビッグウッド 杉浦眞悟








拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
プロフィール
HN:
杉浦眞悟
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1957/02/03
職業:
社長
自己紹介:
アウトレット家具のチェーン店「ビッグウッド」の代表取締役社長
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.